飛騨産ほうれん草クッキー

ほうれん草のビビットカラーが鮮やかなクッキー。焼き色がつかないようにしっとりと焼いて。抹茶のような香り。

材料

  • 小麦粉 140g
  • 飛騨産ほうれん草パウダー 2.8g
  • 塩 ひとつまみ
  • ケーキ用マーガリン(または無塩バター) 100g
  • グラニュー糖 70g

つくりかた

  1. ケーキ用マーガリンを室温に戻しておく。材料を計り、小麦粉・ほうれん草パウダー・塩を合わせてふるっておく。
  2. ボウルに室温に戻したケーキ用マーガリンを入れる。固ければ少し柔らかくまで練る。
  3. (2)にグラニュー糖を全部加え、白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜる。
  4. 泡立て器をゴムベラに持ち替えて、(1)のふるった粉類を全部加えて、さっくり混ぜる。
  5. マーガリンをつぶすように混ぜていくときれいに混ざります。全体に緑が行き渡ったらひとまとめにし、2~3等分に分ける。
  6. ラップに生地をのせ、3cm前後の四角い棒状になるように整える。冷凍庫で30分~1時間固める。
  7. 1cmの暑さにカットし、クッキングシートを敷いた天板に並べ、180℃のオーブンで15分前後焼く。(焼くと膨らむので、並べる際は間隔をあける。焼きいろをつけないように、タイミングを見てアルミホイルを被せる。)

保存

密封容器やチャック付きの袋に乾燥剤と一緒に入れて、常温で1週間ほど。しっとり感を保つなら、密閉容器に入れて冷蔵庫に。

飛騨抹草シュガー

抹茶のような香りとグラニュー糖の爽やかな甘味。パステルグリーンの彩りをたして、心地よい料理を。

材料

  • グラニュー糖 50g
  • 飛騨抹草(飛騨産ほうれん草パウダー) 15g

作り方

  1. グラニュー糖と飛騨抹草を混ぜ合わせる。
  2. 湿気らないように密閉容器に入れる。

つかいかた

バターに塗って焼いたトーストやヨーグルト、お餅などにふりかけて。シナモンシュガーの代わりとして。