飛騨抹草のカップポタージュスープ

超かんたん! 市販の顆粒スープで緑鮮やかなカップスープができます。冬は温かく、夏は冷やして楽しめます。

材料

  • 飛騨抹草(飛騨産ほうれん草パウダー) 3g
  • 市販の顆粒ポタージュスープ 1カップ分
  • モッツアレラチーズ 30g
  • 乾燥パセリ 適宜

つくりかた

  1. マグカップに飛騨抹草と顆粒スープを入れて軽く混ぜる。
  2. (1)に熱いお湯を注ぐ。
  3. モッツアレラチーズを一口大にちぎって入れる。
  4. 乾燥パセリをお好みで振りかける。

※ 冷製スープにするときは、(2)まで行い、冷蔵庫で冷やす。

保存

つくってすぐ~

(ま)

岐阜県産ほうれん草のキッシュ

ほうれん草のフレンチ定番、キッシュ。市販の冷凍パイシートを使って、切って混ぜて焼くだけのかんたん料理!

材料

  • 冷凍パイシート 1枚
  • フィリング
    • 飛騨・美濃産おいしいほうれん草IQF ひとつかみ
    • 玉ねぎ 1/2個
    • ベーコン 4枚
    • オリーブオイル 適量
    • 塩こしょう 適宜
  • 卵液
    • 卵 2個
    • 生クリーム 100cc
    • チーズ 50g
    • 塩こしょう 適宜

つくりかた

  1. 冷凍パイシートをまな板の上で解凍し、フォークで所々穴をあけ、千切れないように浮かせて、タルト型に乗せて縁を落とす。(焼く寸前まで冷蔵庫で冷やす)
  2. 玉ねぎとベーコンを食べやすい大きさに切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて弱めに熱し、(1)を入れて玉ねぎが柔らかくなるまで炒める。
  4. ほうれん草IQFを冷凍のまま(2)に入れ、サッと炒めて塩こしょうで味を調えて火を止め、粗熱を取る。(卵液にも味をつけるので、軽めに)
  5. ボウルに卵液の材料を入れて、(3)を入れてよく混ぜる。
  6. パイシートを冷蔵庫から取り出し、(5)を乗せる。
  7. 200℃に予熱したオーブンに(6)を入れ、約15分間焼く。(パイシートに乗せてからできるだけすぐ入れる)
  8. 焼き上がったキッシュを取り出し、粗熱を取り、ピザ風に切り分ける。

保存

つくってすぐ~ (冷蔵庫で1日)

(み)

岐阜県産ほうれん草のハムバター炒め

ほうれん草の一般的な家庭料理。コーンを入れて彩りよく、お弁当に映えます。バターのコクとほうれん草がベストマッチ!

材料

  • 飛騨・美濃産おいしいほうれん草IQF 100g
  • ハム 10g
  • コーン水煮 10g
  • バター 10g
  • 塩 適宜
  • こしょう 適宜
  • 醤油 お好みで

つくりかた

  1. ハムを食べやすい大きさに切って、コーンを水切りする。
  2. フライパンを熱し、バターを入れる。
  3. バターが焦げる前に、ほうれん草IQFを【冷凍のまま】入れる。
  4. サッと炒めて、塩とこしょうを入れて混ぜる。
  5. 醤油はお好みで入れて、香ばしいかおりに。

保存

お弁当に入れるなら、粗熱を取って密閉容器に入れて冷蔵して。

(み)

飛騨抹草塩

抹茶塩の代わりに使えます。爽やかなつけ塩。 天ぷら料理全般に。白身魚や山菜の天ぷらに。山椒塩や胡麻塩と3種並べてもきれい。

材料

  • 飛騨抹草(飛騨産ほうれん草パウダー) 3g
  • 食塩 10g (岩塩や海塩などの味わいのあるもの)

つくりかた

  1. それぞれを計り、合わせて混ぜる。
  2. 瓶などに入れて密閉する。

盛り付け

よく混ぜてから、器にもるなり振りかけるなり。

保存

湿気らないように、しっかり密閉。色が飛んでしまうので、光の当たらないところで保管。